Follow by Email

2007年6月26日火曜日

07年6月予算市議会で生活保護追及


生活保護の検証を公約した北橋市政の動きが注目されるなか、その他の「ハートフル」マニュフェストの公約も問われる初の予算議会でした。乳幼児医療、障害者負担軽減など目立つもの以外は軒並み3割カットのシーリング(天井=予算の大枠)がされて、九五才以上の敬老祝いのお茶セットまで廃止されました。

 生活保護費は昨年比で十二億円のマイナスです。「上限は設けない」と記者会見した北橋市政の保護行政が問われます。

 検証委員会が立ち上げられ、市議会では唯一やない市議が取り上げた八幡東餓死事件、門司餓死事件が検証中です。6月議会のやない市議の質問では、「保護面接の手引」や「面接記録」の見直しが答弁されました。また、保護受給中の母子家庭などへパソコン資格運転免許など資格取得の技能習得費をつけて自立のための支援をすることがはじめて答弁されました。